神宮大麻
神宮のお神札は「神宮大麻」と呼ばれ、大麻とは「おおぬさ」とも読み、お祓いに用いる祭具を意味します。 古くは伊勢の 御師 おんし によってお神札として配布されてきましたが、明治天皇の 思召 おぼしめし により、国民が朝夕皇大神宮を敬拝するために神宮から全国各地にお頒ちすることになりました。
初穂料 1000
授与数
サイズ W68mm x H243mm